九百年の風化、世界遺産アンコール遺跡群③~タプローム~

 

こんにちは!オガタです!

今回はアンコール遺跡群シリーズの第3弾であり最終回、タプロームをご紹介します。

 【タプローム】

ちなみにこれまで「アンコールワット」「アンコールトム」という名の日本の飲食店を紹介してきました。今回の「タプローム」というお店はなんと……………………ありませんでしたぁぁぁ!!

もしどこかで新規オープンしたという情報があればぜひご連絡下さい。

 

「タプローム」は1186年にクメール王朝の国王、ジャヤーヴァルマン7世が母のために建てた寺院です。

39の祀堂や塔があります。ここは特にガジュマルなどの樹木に覆いつくされた遺跡として有名であり、この樹木は発見当時から伐採されていないそうです。

実は学生の頃に読んだ「奇想遺産」(クリックするとアマゾンのリンクに飛びます)という世界の奇想天外な建築物が集まった本でこの遺跡を初めて知り、「いつか見てみたい!」と思っていた遺跡でした。今回でひとつの夢が叶いました。

この目で見ることができたことで感無量な私に語れる言葉はもはやありませんので、長年の時を経た遺跡と樹木の自然の芸術をどうぞご覧ください。

 

しょっぱなからユニークな木。

 

その右側には中に空洞がある大きな樹木。子供がすっぽり。

どーん!!!

この力強さ!枝分かれしている部分でさえ他の樹木の幹ほどの太さがあります。

 

 

みょーん

堂々たる立ち姿

樹木の力こぶ。筋肉むっきむき

 

 

 

もはや遺跡に覆いかぶさっています。

 

人間より大きい薄い切り株。

 

横幅はこんなに広いです。

 

 

内部に入ると崩れた天井から所々、光が差し込みます。

 

 

アーチの天井。隙間もあいておりもはやどう支えられているのか不思議です。

 

 

 

有名な記念撮影スポット。まるで表面が溶けて樹木の骨組みが露わになっているかのようです。

 

 

壁をまたいで生えています。

 

 

寄り添っているようにみえますが、よーくみると根が遺跡の中まで浸食しています。

 

 

 

この遺跡の修復はインドによる保存・修復事業が行われています。保存方法としてガジュマルの根茎を伐採すると遺跡全体の崩壊に結びつくことが懸念されるため、根茎を残したまま進められているそうです。

敷地内にはこのように散乱している石が見受けられます。

 

補修現場

遺跡とあわせて木を下から支えているというなかなかみられない光景です。

 


ここでオガタのちょっと見るのが楽しくなるポイント

「 オ ガ ポ イ ! 」

もはや定番となりつつある今回の「オガポイ!」はガジュマルの生態です。なぜこの遺跡がここまで樹木と一体化しているのかというのはガジュマルの樹木の性質に起因します。樹木の性質として幹が多数分岐し、気根(地上部分から生じた空気中に露出している根)を地面に向けて垂らし、垂れ下がった気根が少しずつ土台や自分の幹にからみついていくことによります。そのため、本来の幹とそこから派生した気根を意識して見てみるとまた少し違った視点から楽しめるかもしれません。

遺跡に沿ってもはや真横に伸びる気根。右上の気根が集まっている部分が本来の幹になります。

この中を歩いていると遺跡に絡みつく気根が地面を進む根っこのようにみえ、遺跡の屋根が地表面の高さになりまるで地面の下にいるような不思議な感覚を覚えます。

またガジュマルは精霊が宿る聖木として扱われる神秘的な木であり、「幸福の木」との別名をもちます。

そのせいもあってか、敷地内の自然の割合の多さと相まってパワースポットのような神秘的な場所となっています。

台湾・台南市の「安平樹屋」(→安平樹屋に関する以前の記事はこちら)でも感じましたが、それよりもさらにスケールの大きい、自然の生命力の力強さを肌で感じました。

これまで3回に渡ってアンコール遺跡群をご紹介しました。

風化が歴史を映す墳墓寺院、山脈・城塞のような大都市、樹木と共生する遺跡とそれぞれ異なるタイプの遺跡群でした。

いずれにも共通するのが、佇まいで歴史を物語る遺跡であったということです。

いつか私も佇まいで歴史を語れるようになりたいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回のオガ旅もお楽しみに!

株式会社翔設計、海外特派員のオガタでした!

 

 

 


今回第三弾を読んで、前の記事も読んでみたくなったあなたに…

★第一弾 アンコールワットの記事はこちら

★第二弾 アンコールトムの記事はこちら

 

 

 

 


オガ旅フォトアルバム~ベトナム・ドンラム村道中~

こんにちは!尾形雄樹です!

年内最後の更新です。
今回はベトナム ドンナム村を旅しているときに撮った写真を紹介します。


以前書いたドンナム村の記事はこちら。↓

次期世界遺産候補?!ベトナム ドンラム村へ


【南寧駅】※地名をクリックするとグーグルマップに飛びます。

中国からベトナムへ移動の際に乗った寝台列車

 

車両内
中国・ベトナム国境

【ザーラム駅】

線路上から列車に乗り込むスタイル

“オガ旅フォトアルバム~ベトナム・ドンラム村道中~” の続きを読む


九百年の風化、世界遺産アンコール遺跡群②~アンコールトム~

こんにちは!尾形雄樹です!
今回は前回に引き続き、アンコール遺跡群シリーズの第2弾、【アンコールトム】の紹介をしていきたいと思います。

ちなみに前回の記事で代々木にある【アンコール・ワット】をご紹介しましたが、お次の【アンコール・トム】は町田にあるそうです。

お近くの方はぜひ足を運んでみてください!


アンコールトムは12世紀末に建設された巨大な宗教都市です。1辺3kmの敷地の周囲には高さ8mの城壁にて囲われており、城壁には5つの城門が設けられています。

この敷地の中央にバイヨン(美しい塔の意)と呼ばれるヒンドゥー・仏教混交の寺院が配置されています。バイヨンは中央祀堂を中心に54もの塔がそびえ立ち、そのシルエットはまるで山脈のようです。

(クロマーマガジンWebsiteより転載)

今回は都市の中心にあるバイヨン寺院をご紹介します。

南側の建物に向かって進んでいくと、建物の周囲に立ち並んでいる柱だけの光景が見えます。

左端のグリーンの服のおばちゃんは草刈りをしています。

内部へと続く道

外壁にはレリーフが彫られています。部材ごとに積まれた石の上からよくこれを彫れたなーと驚きます。

この塔の特徴である四面塔。各塔には最大2mの大きな顔が4方向に彫られています。仏教における大変心が広い観音菩薩をモチーフにしているといわれています。その笑顔は「クメールのほほ笑み」と呼ばれているほどで、確かに心が広そうな顔しています。近づいて見上げると目が合います。

どこに顔があるのかわからないという方のために、一部分を拡大し印をつけてみました。

“九百年の風化、世界遺産アンコール遺跡群②~アンコールトム~” の続きを読む


九百年の風化、世界遺産アンコール遺跡群①~アンコールワット~

こんにちは!最近日本語が「ほんとに?」「すごい!」「うまい!」の3つほどになり、語彙力の低下に危機感を感じているオガタです。

今回はカンボジアのプノンペンからバスに乗り、シェムリアップへと移動しました。観光都市シェムリアップには、カンボジアと言えばここ、と思い浮かべる方が多い有名な世界遺産、【アンコールワット】があります。

アンコールワットの場所はこちら↓
アンコールワットは広大な敷地の中に数多くの遺跡が残されているアンコール遺跡群のメインの観光名所です。アンコールワットとあわせていくつかの遺跡を周りましたので、アンコール遺跡群シリーズとして記事を分けて掲載します。

ちなみに本社がある代々木にも【アンコールワット】(※地名をクリックするとグーグルマップに飛びます。)というカンボジア料理屋さんがあるそうです。会社の近くに世界遺産があったなんて不覚でした。お近くの方はぜひ足を運んでみて下さい!

お店の詳しい情報はこちら(食べログの記事に飛びます)


アンコールワットとは、インドシナ半島全域まで栄えたクメール王国の寺院及び創建者である王の墳墓(※ふんぼ/埋葬として使われる建造物)です。1113年より32年もの歳月をかけて建設され、クメール建築の傑作と言われる技術を結集させた遺跡です。14世紀にアユタヤ王国に侵略されたのち、19世紀にフランス人博物学者によって密林の中から再発見され、広く知られるようになりました。

朝日や夕暮れ時の景色が格別にきれいだということで、早朝5時半に宿を出発し、アンコールワットへと向かいました。丸一日アンコール遺跡群を周るため、移動はトゥクトゥク(三輪タクシー)を一日チャーターしました。 “九百年の風化、世界遺産アンコール遺跡群①~アンコールワット~” の続きを読む


オガ旅フォトアルバム~中国 厦門から南寧編②~

こんにちは!尾形雄樹です!

前回に引き続き、中国の厦門から南寧への道中で撮影した写真を紹介します!


【興坪(シンピン)の街並み】

静かな古い町並みが残る興坪の街並み
使われていない家の前に置かれていた味のある小物達

 

同じ向きで昼寝する犬達

“オガ旅フォトアルバム~中国 厦門から南寧編②~” の続きを読む


「ひろしまハウス」に行ってきました。

こんにちは!カンボジアではローカルフード巡りを楽しみ、お腹の不調に耐えているオガタです!

今回はカンボジア・プノンペンにある施設【ひろしまハウス】をご紹介します。

ひろしまハウスの場所はこちら ↓

ひろしまハウスの詳細はこちら↓

http://hiroshimahouse.com/

■施設概要

「ひろしまハウス」はカンボジアの首都プノンペン、トンレサップ川沿いのウナローム寺院内にあります。設立の経緯として、1994年の広島アジア競技会の広島とカンボジアの交流をきっかけに設立計画が始まりました。広島とカンボジアの交流の拠点として、またお金がなく学校に通えない子供や近隣の子供たちの学校として2006年に建てられました。

原爆による町の壊滅から復興を果たした広島。ポル・ポトの大虐殺により300万の人々の命が失われ、1993年まで内戦が続いていたカンボジア。人の手によって引き起こされた災害を経験した両国の、平和のシンボルとしてこの施設は存在しています。

建物の設計は早稲田大学名誉教授である石山修武氏。建物の建設時には日本からレンガを積みにきた方々の協力もあり建てられました。

■外観

“「ひろしまハウス」に行ってきました。” の続きを読む


世界の工事現場から~中国編~

こんにちは!尾形雄樹です!旅をしていると、楽しい人、美味しいもの、不思議なものにたくさん出会いますが、やはり特に建築に関わるものに興味がわきます!

今回は、新コーナーとして、世界中を旅するなかで見つけた工事現場の様子をお届けします。

【平潭県内の工事現場】

解体かリフォームかの現場でおばちゃんが黙々と作業していました。 “世界の工事現場から~中国編~” の続きを読む


オガ旅フォトアルバム~中国上陸、福建土楼へ向かう編~

こんにちは!尾形雄樹です!

先日、福建土楼についての記事を書きましたが、たどり着くまでにも色々なこと、面白いものがあったので、紹介したいと思います。


 【平潭港澳前旅客ターミナル(平潭澳前客运码头)】

中国上陸!

【平潭県内】

く、くまモン?!

“オガ旅フォトアルバム~中国上陸、福建土楼へ向かう編~” の続きを読む


次期世界遺産候補?!ベトナム ドンラム村へ

こんにちは!海外の犬が怖くて、目が合うと犬に道を譲ってしまう尾形雄樹です!

今回は台湾・中国と続き3カ国目、ベトナムの首都ハノイ市近郊の【ドンラム村(Duong Lam Village)】をご紹介します。

ドンラム村の場所はこちら ↓

“次期世界遺産候補?!ベトナム ドンラム村へ” の続きを読む