オガ旅フォトアルバム~カンボジア シェムリアップ編②

こんにちは!尾形雄樹です!今回は前回に引き続き、カンボジア・シェムリアップ~バッタンバン~タイ国境までの写真です。シェムリアアップのレストランのキッチンや街並みバッタンバンの名物アトラクション街中のゴミ箱のため息タイ国境付近の大渋滞をご用意しました。中だるみの合間に気晴らしとしてお付き合い下さい!


【シェムリアップ】


・シェムリアップ Street 08

チャーハンの上に卵焼きが乗ったシンプルな料理でしたが、素朴な味でおいしかったです。

そしてこのお店のキッチンがなんとお客も使う通路の脇。ルールの違いを痛感させられました(笑)

“オガ旅フォトアルバム~カンボジア シェムリアップ編②” の続きを読む


オガ旅フォトアルバム~カンボジア シェムリアップ編①~

こんにちは!尾形雄樹です!今回はカンボジア・シェムリアップの写真です。バス休憩所のシュールなトイレサイン、怪しげなローカル遊園地、アンコール遺跡の渋い遺跡、世界に一台のトゥクトゥクバーのラインナップとなっております。GWの合間にぜひご覧下さい!


【 プノンペン シェムリアップ】

★カンボジアの民家

1階がピロティ形式の高床式が多くみられました。

“オガ旅フォトアルバム~カンボジア シェムリアップ編①~” の続きを読む


世界の工事現場から~ベトナム・カンボジア編~

こんにちは!尾形雄樹です!

今回は「世界の工事現場から」シリーズのベトナムとカンボジア編です。


★ベトナム編

【ハノイ市内】

ベトナムの首都、ハノイの工事現場です。

解体なのか上部のみに足場が設置されている
下段は鉄骨で補強?な足場

 編集注)ちなみにこの「CONIFER COFFEE」というお店は下記の場所にあります。

足場シートがカラフル

 編集注)右側の横断幕に大きな文字で書かれた「AN TOÀN LÀ TRÊN HẾT」という言葉は、日本語で「安全第一」という意味です。


【ホイアン市内】

ホイアンはベトナムの港町です。「ホイアンの古い町並み」として世界文化遺産に登録されています。

 

レンガ?柄の養生シート

★カンボジア編

【プノンペン】

なんと修行僧が工事をしていました!
修行僧とはなんでも屋さんなのか気になるところです…
大型クレーンが使われていました。
建設途中の鉄筋が体毛のようです。
こちらも完成間近の現場。六角形のユニットによる構成で曇天と色合いがマッチしてました。

  編集注)最後の建物は、パークソンモールという商業施設です。蜂の巣をイメージしてデザインされています。2018年4月現在もまだオープンしていないようです。オープンが楽しみですね!

 


最後までお読みいただきありがとうございました。次回のオガ旅もお楽しみに!

株式会社翔設計、海外特派員の尾形雄樹でした!

 


まるで森の中の遺跡、カンタナ学校

こんにちは!自我が芽生え始めたiPhone5がついに自立(崩壊)したため、新たなiPhone5Sにグレードアップしウキウキな尾形です!(iPhone8/Xが発売されている現代にてものすごいマイナーチェンジですが……笑)

さて今回はバンコク郊外にある学校です!レンガ造りの、一見すると学校とは思えない不思議な雰囲気の建物です。せっかくなので道中のエピソードを交えながら紹介していきます。


【カンタナ学校】


バンコク市内から35kmほど北西に離れた場所に位置するカンタナ学校。交通費を抑えるため、バスと電車を乗り継いで向かうことに。途中乗り換えのバス停で座って待っていると、隣のおじいちゃんがどこに行くのかと尋ねてきました。

電車に乗るため近くの駅に行きたい旨を伝えると、そこに向かうバスがないそうでバス待ちの周囲の人(5~6人)を巻き込んであーでもないこーでもないとルートを議論する事態に。打開策がなかなか出ない中、一人のおばちゃんが「これに乗りな!」と教えてくれたバスに乗り込みました。見ず知らずの観光客にこんなに親切なタイの人々。タイの温かみに触れた瞬間でした。


バスに乗っていくと着いたのはバスターミナルでした。ここなら駅行きのバスが見つかるだろうと思いきや、長距離バスのターミナルだったため、ローカル路線のバスは少ないということが判明。仕方がないので駅までタクシーでいくことにしました。タクシーの運転手さんに行きたい駅を伝えてもいまいちピンときてない様子。もうすでにここまでで時間がかかってしまっているため、とにかく進んでもらうことに。15分程乗り、駅に着いたら……。なんと電車が動いていていないとか今は使われていないとかで電車が使えないとのこと!!!結局そのままタクシーで学校まで向かうことになりました……。(時間もお金もかかってしまうという残念な結果に……。まあ、旅あるあるです 笑)


そんなこんなでようやく学校に到着しました!明らかに異質でありつつも、木々に溶け込んでいる建物が見えてきました。

 

ここは映像・アニメーションを学ぶための、2011年に建てられた学校です。

設計者はタイの建築家、ブーンサルム・プレムサダ氏。

南北の軸がズレた十字形の通路を中心に5つの機能(管理事務所、講義室、ワークショップエリア、図書館、食堂)をもつ施設です。

建物を特徴づけているジグザグなレンガの外壁は、レンガの新たな使い方を提案しつつ、周辺の土地のレンガを使用し地元産業にも貢献できるものになっています。

壁の中に消火栓もすっぽり

■通路・樹木

通路や中庭に挿入された森林は、作成中でも移動中でも集中できるようにするための瞑想空間としての役割を担います。学校に瞑想空間って……すごい……。確かに集中できそうな木漏れ日の空間でした。


■食堂・トイレ

なんとも開放的な食堂。厚みのある壁の開口からの光の入り方がなんとも気持ちいいです。

ついでに食堂の屋根と十字の壁との接続部分。通常は何かしらの止水処理がされるはずですがシーリングもなし。簡単に雨水が入ってしまいそうですが……。

開口補強されているトイレの入口をくぐると、正面はガラスで中庭に面しています。

トイレブース

■図書館

お次は図書館。中庭を囲む形状で、最小限しか開けられていない外壁の窓と対照的に、ガラス張りの中庭からは多くの光が取り込まれています。

外周部の内壁

また、所々天井から水漏れしていました。場所は外周や中庭の壁に近い箇所です。先ほどの屋根の止水処理がされていないような所などから水が回ってしまっているのだろうと思われます。


■講義室・ワークショップエリア

講義室前の壁。この厚みのある壁・開口はコルビュジエのロンシャンの礼拝堂(13 Rue de la Chapelle, 70250 Ronchamp, フランス)が想起させられます。

 

外観

 

内観

ちなみに【ロンシャンの礼拝堂】の場所はこちら。

人も座れる大きな開口

休み時間も気持ち良く過ごせそう。

ワークショップルーム前の通路。


■管理事務所

入口
内部
コンクリートブロックの内壁
開口廻り①
開口廻り②
壁に固定されている片持ちのベンチが荒々しくかっこよかったです。

 


■その他の施設など

校舎の向かいの寺院のようなピンクの外壁の建物

遠目になにやら白い建物が……。近づいてみると……。

白い!真っ白い宮殿?!
映画にでも出てきそうな、なんとも幻想的な建物です。

「んっ?柱が落ちてる」

 

……発砲スチロール!!!!!なんとこの素敵な宮殿は発砲スチロールでできていました。あ、あやうくだまされるところだったぜ……。(←完全に立派な建物だと騙されていました。)

 

また、別の所では……。

 

ん?

 

 

 

んんん?

 

 

 

 

「ぐわしっっっっっ!!!」

 

 

まことちゃんもびっくりの「ぐわしっっっっっ!!!」な像でした。あ、いや、まことちゃんが曲げる指とは1本違います。ちなみにこの指のサイン、スペイン・イタリアでは「あなたの恋人は浮気している」という意味だそうです(笑)(も、もしやそういうシンボルなのか……?)

編集注)タイでは「愛」を意味するサインだそうです。手話でも「I LOVE YOU」の意味で使われているそう。変な意味でなくてよかった!


その他の施設のくせが強すぎでメインの建物の印象が薄れかかってますが……。凹凸のある素材のレンガをさらにジグザグ形状で変化をつけた上に、さらに樹木の影を投影し表現する壁の作り方がとても秀逸な校舎でした。

シンプルな素材の組み合わせを最大限活かした建物、厚みのある壁・開口からの光の調和、カンタナ学校。市内から少し離れますが、バンコクに行った際はぜひとも訪れて頂きたい建築です。


最後までお読みいただきありがとうございました。次回のオガ旅もお楽しみに!

株式会社翔設計、海外特派員の尾形雄樹でした!

壁一面にラクガキがある市内のレストランにて

(これでも笑顔を作ろうとしているほうです…泣)

 


オガ旅フォトアルバム~カンボジア 首都プノンペン編②~

こんにちは!海外特派員のオガタです!

前回のフォトアルバムに続きカンボジア・プノンペンの第2弾です。観光地から市内の思わず目を引く町の人、夜の公園での集団ダンスを横目に虫を食べて建築を巡ってな写真達です。どうぞご笑覧下さい!


 【プノンペン市内】

花をつむぐおばちゃん
鳥を運ぶおじさん
虫の素揚げ。カリッとしてました。

 

夜の公園では大人数でのダンスが行われていました。 外から見てるだけでも楽しめます。
木陰の美容室
歩いて移動中に突然のスコールのため仕方なく雨宿り

せっかくなので動画でスコールをお楽しみ下さい。

荷台いっぱいの卵
カフェのテーブル。思わず座ってみたくなります。

【キリングフィールド】

ポルポトの大虐殺が行われた処刑場跡地。負の歴史を後世に伝える大切な場所でした。


【ひろしまハウス】

授業中の子供達目線
授業を抜け出し髪を切っていた生徒達。このあと先生にしっかり怒られていました。
生徒募集のチラシ配り
給食後の歯磨き

王立プノンペン大学

プノンペンにある国立大学。設計者はルロワ&モンデ。

入口正面からの道と外観
ピロティは生徒が集うラウンジになっていました。
池のほとりのカフェ。こんなカフェがある大学で勉強したかったです。
ちょうど卒業式だったのかタイミングよく青春の一瞬と出くわしました。

【ソカプノンペンホテル】

友達の好意で高級ホテルに宿泊させてもらいました!ベッドがふかふかで浴槽にもつかり旅の疲れが吹き飛びました。


【ホワイトビルディング】

設計者はル・バン・ハップとウラジミール・ボディアンスキー。かつては富裕層が住む集合住宅でしたが、ポルポト政権以降、スラム街となった集合住宅。解体中でしたが、運よく隙間から見ることができました。


【コンテナナイトマーケット】


コンテナで構成されているナイトマーケット。飲み屋が多く音楽ライブやスポーツ観戦しながらお酒を楽しめます。


【バタナックキャピタルタワー】

市内で目立つ超高層タワーのショッピングセンター。
足元には低層棟があり、高層棟へと流線が続く外観となっています。

宿にて。陽気な人たちが各国から訪れていました。

最後までお読みいただきありがとうございました。次回のオガ旅もお楽しみに!

株式会社翔設計、海外特派員の尾形雄樹でした!


★首都プノンペン編1はこちらをクリック ↓ 

オガ旅フォトアルバム~カンボジア 首都プノンペン編1~


オガ旅フォトアルバム~カンボジア 首都プノンペン編①~

こんにちは!写真の頃よりだいぶ髪が伸びてきた尾形雄樹です!

今回はベトナムの縦断からカンボジアの国境までの写真をお届けした前回フォトアルバムの続き(赤字をクリックで過去の記事が読めます)です。国境を越えて首都プノンペンに到着。着いて早々洗礼が待ち受けていました……。市内の街並みからあの芸人さんに遭遇したりとボリューム満載の写真達をどうぞお楽しみください!


【マーケット】

朝のマーケット※地名・名称をクリックするとグーグルマップに飛びます。

野菜・肉・魚など様々なものが売られていました。

ナイトマーケット

トンレサップ川の近くにあるナイトマーケット。衣服や食べ物が売ってあり、ゴザの上で食べます。
音楽のライブステージまであります

セントラルマーケット

プノンペン市内の中心となるマーケット。多くの人で賑わいます。

【独立記念碑】

ライトアップされた独立記念碑

 


【ご飯】

よく通っていたストリートフードのお店のご飯です。この3食をよく食べていました。

1食150円程で食べられます。安くておいしい!
優しい味付けのスープヌードル。
がっつり量のあるチャーハン。

【ワットプノン】

プノンペン市内で最も高さのある仏教寺院。白い塔とシンハーを下から。
本堂内の仏像。天井・内壁一面に描かれている絵が見ものです。
きらびやかな装飾のロウソク

【郵便局】

フランス植民地時代に建てられたコロニアル調の郵便局。カラフルなATM達も並んでいました。

 

その前に積まれていた大量のゴミ

【王宮前の広場】

市内には市民の身近に王宮があります。
王宮前で棒立ちの一枚。
週末には広場でくつろいだり食事をする人々で溢れかえります。
体重を測っている人もいました。

【プノンペン市内】

ベトナムからのバス降り場ではトゥクトゥクドライバーが客を捕まえようとわんさか集まっていました。なんとか振り切り歩いて宿へと向かいました。
カラフルで立体的な建物「KIDS CITY」。ボルダリング等で遊べる施設。
金色の外壁が夕日に照らされていました。
街中ではよくオレンジ色の布を身に纏った修行僧を見かけます。
街中の体育館では盛んにスポーツが行われています。
ごく自然に洗濯物と一緒に魚が干されていました(笑)
街路樹優先の歩道。
川沿いの広場では少年たちがサッカーをしています。
川沿いを歩いていたら芸人・ランナーの猫ひろしさんに遭遇しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。次回のオガ旅もお楽しみに!

株式会社翔設計、海外特派員の尾形雄樹でした!


タイ・プーケット 同僚との再会

こんにちは!最近愛用のiPhone5が勝手に音楽を流し始めたりと持ち戸惑いを隠しきれないオガタです!

今回は建築巡りをお休みして、旅の様子をちょこっとお届けします。タイ・プーケットにて会社の同僚と数カ月ぶりに再会したときのお話しです。

涙なしには語れない感動の再会……その様子をぜひご覧下さい!

(ものすごく誇張しています。実際は笑顔で再会して、笑顔でさよならしました。)


9月1日 AM5:00

夜行バスでバンコクからプーケットへと移動し、バスターミナルでベンチに軽く横になり休憩。

現地の音楽を爆音で流され続けたバスの車内でちゃんと寝付けなかったため、少しでも体を休めたかったのです。

(そんな爆音バスの写真は こちら )※クリックすると過去の記事に飛びます。

今回は会社の同僚がプーケットに旅行で来ているということで、バンコクから移動しプーケットまで来ました。

かわいい装飾のバス

多くのビーチを有し、大勢の観光客が訪れるプーケット。

元々旅のルートには組み入れていなかったため、来るきっかけができてよかったです。

 

待ち合わせ時間に合わせ、バイクタクシーでパトンビーチまで移動。

島を横断し、ビーチまで近づいてきたところで突然のスコール!

急いでそばのお店の軒先へ避難して、ドライバーさんと雨宿りすることに。

 

しばらくすると雨足が弱まってきたので出発し、待ち合わせ場所の近くまで送ってもらいました。

Googleマップを眺めながら待ち合わせ場所まで歩きなんとか到着。

(ちなみにGoogleマップはオフラインでも現在地を表示してくれるので便利ですよ!さらにはオフラインマップもダウンロードできます!)

少し時間が早かったのですが、先にお店に入り濡れた服とカバンを拭いて待つことに。

ちょうど拭き終わった頃、懐かしい顔がお店に入ってきました。


彼は同い年で1年後輩の飯村。

最初の配属部署が一緒で、そのときの仲良し4人組でよく飲みにいったり、遊びに行ったりする仲です。

頭がよくて仕事ができて女の子にもモテるという3拍子揃ったスーパーマン。

普段は真面目に仕事をこなす彼ですが、遊ぶときは誰よりも羽目を外し、オンとオフをはっきり切り替えられる魅力的なやつです。

そんな彼と数カ月ぶりの再会。

積もる話はさておき、早速乾杯!

最近のプロジェクトの進捗や完成した物件、会社での変化を聞き、これまでの旅路やオガ旅について話しました。

ちなみにここは高級ステーキ屋さん。

財布との葛藤はありましたが、腹をくくって一皿数千円のステーキを注文。

一日数百円で生活している自分にとっては、贅沢すぎるほどの一食でしたが、とびきり柔らかいヒレステーキは、移動の疲れが吹き飛ぶほど極上の味でした。

しかもなんと飯村がおごってくれることに!

一瞬迷いましたが、素直にごちそうになることにしました。笑

その後は飯村が宿泊しているホテルに移動し、休憩しつつまた色んな話をしました。

会っている間にも仕事の電話が来たりと業務の忙しさが垣間見えましたが、しばらく建築の実務から離れていたためその様子に懐かしさを覚えつつ、その姿から逞しさを感じました。

さらには取締役からの大量のお菓子の差し入れや同僚のサイン入りのキャップまで届けてくれました。

大量のお菓子達
さっそく被ったサイン入りキャップ

この帽子は真夏のアジアを移動する間、容赦なく降り注ぐ日光から私の頭をしっかり守ってくれました。

その結果、2カ月ほどでこんなに色があせてしまいました……。

サイン入りキャップ

飯村はその日別の島に移動するとのことで会えた時間は数時間ほどでしたが、久々に会え元気をもらえました。

しかもそのホテルに1泊させてもらった挙句、ホテルに預けていた保証金まで頂くという至れり尽くせりな状態に。

いつかこのお返しができるように。そう心に決めました。

さらば飯村!また日本で!


編集注>

 飯村さんに関しては弊社ブログでも紹介しております。

 バリバリと仕事に取り組む 「オン」の飯村さんの姿はぜひ こちら からご覧下さい! 


ホテルで少し休憩し、夕方頃歩いてパトンビーチへ出かけました。

浜辺を歩いていると笛屋さんが声をかけてきて、長さの異なる複数の筒をひとつにまとめくるくる回しながら吹く不思議な笛を演奏してくれました。

砂浜に座り夕日や浜辺を飛び交うパラセーリングをぼーっと眺めながら、会社や仕事のことを思い出し懐かしんでいました。

一年前に旅に出ようと決め、業務の傍ら旅のルートを考えていた頃。

それから実際に思い描いた旅を実現できている今。

なんともいえない不思議な気分ですが、これから自分がすべきことを考えながら、身が引き締まる思いでした。

そして、日々業務に奮闘している同僚を思い浮かべ、自分も負けていられないなと気持ちを新たに次の旅路へと進みました。


最後までお読みいただきありがとうございました。次回のオガ旅もお楽しみに!

株式会社翔設計、海外特派員の尾形雄樹でした!


オガ旅フォトアルバム~ドンナム村からカンボジアまでの道中~

こんにちは!尾形雄樹です!

今回はドンナム村からカンボジアまでの道中の写真を紹介します。


【ホアンキエム湖周辺】

路上で簡単に始められるゲーム
でもルールがわからず…

(編集注)このゲームは「ô ăn quan(オーアンクアン)」というベトナムの伝統的な遊びのひとつだそうです。石とチョークのみで行えるこのゲームですが、かなりルールが複雑で頭を使いそうです。

ダーカウと呼ばれるベトナムでポピュラーなスポーツ。バトミントンの羽のようなものを足で蹴りあうスポーツ。

足で飛ばすのは難しいですが、芯に当たるとしっかり飛びます。 “オガ旅フォトアルバム~ドンナム村からカンボジアまでの道中~” の続きを読む


えっ!こんな建物がバンコクに?!バンコク市内の近代建築ツアー

こんにちは!最近恋しいものが「味噌ラーメン」、なオガタです!

カンボジアからバスで移動し、5カ国目のタイ・バンコクまでやってきました。

高層ビルが立ち並ぶバンコク市内は驚くほどの大都市!

今回はそんなバンコクで植物もじゃもじゃオフィスどっかーん大階段な商業施設の2つを紹介します!

(縦長の写真が多めとなっておりますので、いつもより多めに画面をスクロールできます。日ごろのストレスをそのスクロールで発散して頂けましたら幸いです。)


“えっ!こんな建物がバンコクに?!バンコク市内の近代建築ツアー” の続きを読む


九百年の風化、世界遺産アンコール遺跡群③~タプローム~

 

こんにちは!オガタです!

今回はアンコール遺跡群シリーズの第3弾であり最終回、タプロームをご紹介します。

 【タプローム】

ちなみにこれまで「アンコールワット」「アンコールトム」という名の日本の飲食店を紹介してきました。今回の「タプローム」というお店はなんと……………………ありませんでしたぁぁぁ!!

もしどこかで新規オープンしたという情報があればぜひご連絡下さい。

 

「タプローム」は1186年にクメール王朝の国王、ジャヤーヴァルマン7世が母のために建てた寺院です。

“九百年の風化、世界遺産アンコール遺跡群③~タプローム~” の続きを読む